コロナの感染者が増えたのに政府が何も対策をせず、gotoキャンペーンを止める様子も無いことから、

政府は国民を守る気がない

みたいな批判をする人達がいます。

でも私の意見は違っていて、むしろ政府はたぶんわかってるんじゃないかと思います( ˘ω˘ )

コロナが、インフルと同レベルかそれ以下の弱毒ウイルスだという事を。

もちろん「政府」といっても、中にはいろんな考えの人達がいるでしょうけど、

少なくとも菅総理はわかってる感じがしますね^_^

10月のコロナの死者は188名で、基礎疾患のある高齢者が中心です。

でも10月の自殺者は614名増えました。

自殺はもちろん現役で働ける若い人達で、女性がかなり増えたそうです。

実はコロナの死者はもっと少なくて、自殺者はもっと多いのですが、その説明はここでは省きます。

重要なのは、コロナは日本では(というか東アジアでは)インフルと同レベルの風邪で、

そこまで怖がる必要は無いと政府が伝えることだと思いますが、

そんなことしたらメディアに洗脳されたコロナ脳の人が発狂するのでできないでしょう。

なので1人1人が自分で考えて判断することが大事だと思います。

私にできることは、カフェ会でできるだけ多くの人をカフェに連れて行って経済を回し、

できるだけ多くのお金を子ども食堂(とついでに保護猫達)に回すことです( ˘ω˘ )

というわけでカフェ会は普通に開催します。

まあもし万が一、新型コロナが強毒化してインフル以上になったら自粛すると思いますけど(^_^;)

ちなみに私は基礎疾患を持った高齢者の方達の命を軽視しているわけではなくて、

その人達の面倒をみているのが若い世代で、経済が回っていないと面倒をみることすらできないという面もあるからです。

この動画はすごく勉強になります。

短いのでぜひ見てみて下さい^_^